コスプレイヤーは周りの人に名乗っている方ばかりではありません。内緒でコスプレイヤーとして活動されている方も多く存在します。まずコスプレイヤーとして名乗っている方の多くは、学生等の若い世代の方が挙げられます。

若い世代はコスプレイヤーとしての活動を行っても認められる場合が多く、特に学生だとサークル活動などで、仲間を多く作る事が出来る為、周りの目を気にする事無く名乗る事が可能です。
周りの人に名乗る事によって、自分の趣味を理解して貰う事が出来るとインターネットを通した活動を行う事も出来る様になるので、趣味の幅が広がります。SNS等に自分の写真をアップするとファンも付いて来る事が多くあります。

インターネットの活動を通じて、有名になって周りに名乗るようになると憧れの目で見られる事も多くなるので、モチベーションも上がります。更に力を入れて活動出来る様になるので、若い世代は名乗る事が多くなっています。

対して、社会人になるとコスプレイヤーとして周りに名乗る人は少なくなります。学生時代であれば、若い世代に囲まれているので、共感を得る事ができやすい趣味ですが、社会人になると事情が変わってきます。
若い世代だけではなく、自分の上司や取引先の目上の方々が居られるので、年齢層が高い世代ほど理解を得る事が難しくなります。場合によっては仕事に支障が出るだけではなく、趣味を止める様にいわれてしまう可能性も出てきますので、秘密で活動されている方が大半です。この傾向は年齢が高くなるに連れて多くなっていきます。年齢が高くなると話題のコスプレをするのも難しくなっていき、公の場でコスプレする機会も段々と減ってくるためです。

社会人で仕事が忙しくなるとアニメを見る時間も徐々に減ってくるので、最新の情報を手に入れる事が難しくなってきます。その為に活動が低下する事も多くなってしまうので、誰にも言わないで自分だけの秘密のままの趣味で終わってしまう方も多く居られます。

ただ、社会人の方でもアーティスト系のお仕事やクリエイティブなお仕事をされている方は趣味を公言しても仕事に差支えがある事が少ないので、名乗られる方も居られます。
特に人前に出るアーティスト系のお仕事は自分を表現するための一種の方法なので、趣味が多いほど賞賛を浴びる事が多くなります。一般の社会人とは違って、理解を得られやすいので、趣味に多くの時間を費やすことが可能です。